2009年04月22日

文字化け、妙な文字が出たときの対処法

とりあえずその文字列をunpackしろ。

$string; #変なのが混じってる文字列

@foo=unpack("C*",$string);

#@fooの中には文字列がアスキーコードに置き換えられて格納されてる

確認して。
アスキーコード:文字
1:^A
2:^B
...
など。こいつらにはPerlで対応するメタ文字がないので、とりあえずアスキーコードを書き換えて対処する。たとえば「1」が混じっていたら、「9(タブ)」に置き換えるとか。

アスキーコードは
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/6545/moji/ascii.html
ここを参考にしました。

スペシャルサンクス:BSEさん
posted by kuma at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117909075

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。