2009年06月25日

猫との知恵比べ開戦

平成21年6月25日 熊機械化師団 二輪車部隊より打電

以下本文

我が軍の二輪車の座席部分を野良猫が住処と決めたらしい。
バイクカバーを外すと、二輪車に毛が生えたかと思うほどの大量の抜け毛を発見。
猫という生き物は縄張り意識が強いらしく、一度住処と決められると御退去いただくのは至難の業であるという報告がある。

しかしこのままでは熊二輪車が猫二輪車と化してしまう。よって本日開戦を決意。

前哨戦とし猫よけ剤をステップに一つずつ、座席部分に猫よけシートを設置し、野良猫への牽制を行う。

しかしこれらの作戦には問題が存在する。

1:猫よけ剤は刺激臭により猫を警戒させることで効果が上がる。しかしながら、この刺激臭に猫が慣れてしまった場合は全く効果がなくなる報告有り。
2:猫よけシートは人工芝を粗くしたようなものであり、この上を歩行、寝そべりは不快感を生じる。この効果により猫が猫よけシートの上に居づらくなることが期待できるが、猫もただ座して諦めることはなく、このシートを外そうとする行動に出る報告が有り。

それぞれの解決策(案)
1:慣れさせにくくするために、定期的に猫よけ剤の種類を変更する。変更する間隔は今後実施と様子を見て決定する。
2:猫よけシートが外されないように、ゴム紐を用いてバイクシートに固定する。ただし、我が軍の熊バイクのシート面積は広いため、完全にカバーすることは難しいかもしれない。

以上の作戦を提案する。

至急、必要物資を送られたし。
タグ:
posted by kuma at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122202874

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。