2009年04月22日

文字化け、妙な文字が出たときの対処法

とりあえずその文字列をunpackしろ。

$string; #変なのが混じってる文字列

@foo=unpack("C*",$string);

#@fooの中には文字列がアスキーコードに置き換えられて格納されてる

確認して。
アスキーコード:文字
1:^A
2:^B
...
など。こいつらにはPerlで対応するメタ文字がないので、とりあえずアスキーコードを書き換えて対処する。たとえば「1」が混じっていたら、「9(タブ)」に置き換えるとか。

アスキーコードは
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/6545/moji/ascii.html
ここを参考にしました。

スペシャルサンクス:BSEさん
posted by kuma at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

頑張りすぎたときの対処

プロセス作りすぎてやっちゃったとき

pkill -U UserID

で、対処。
allkillallでエイリアス作成しといた。

ロードアベレージ200はさすがにアレした。
タグ:Linux
posted by kuma at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

用誤解説:BSE

Bio(infomatics) Systems Engineerの略。
Bioinfomatics(生物情報学)に特化した、もしくはそれに染まってしまったSE。
ふつー(だと思われていた)のSEが生物系研究施設などに出向し、知らない間に頭文字Bがついていることもしばしば。
名前からハイブリッドな上級職と思われがちだが、意外と雑用が多いことでも有名。しかし彼らが居ないと研究のスループットが極端に落ちることから、縁の下の力持ち的な存在である。

「スパコンのファンの半田付けからメールの設定までなんでもやるよ?」
タグ:Bio
posted by kuma at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

Blastオプション

久しぶりに使おうとすると必ず忘れてるので

Blastの-eオプションのつけかた

-e 1.0e-3

もう忘れるなよ…
タグ:BLAST
posted by kuma at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VNCセッティング

うっかり忘れてしまうのでメモ

VNCサーバセッティング&アップ

vncserver :1 -geometry 1280x1024
で一回切る
vncserver -kill :1

XをGNOMEやらに変更
ln -s /MYHOME/.xinitrc xstartup
(もし.xinitrcがないなら/etc/X11/xinit/からガメてくる)

再度アップ
vncserver :1 -geometry 1280x1024

1280x1024はPCの解像度に合わせてあるから。

簡単でしょ?(ボブ・ロスの口調で)
タグ:Linux
posted by kuma at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

USBデバイス

年始早々ど忘れ。

Linuxで外付けUSB-HDDやらををぶっ刺したときのデバイスの確認。

/proc/bus/usb/devices

S: Manufacturer=BUFFALO
S: Product=USB-SATA Bridge
とか
I: If#= 0 Alt= 0 #EPs= 2 Cls=08(stor.) Sub=06 Prot=50 Driver=usb-storage

/var/log/messagesには刺した時のログが。

中略
Jan 5 11:57:07 localhost kernel: SCSI device sdd: 1953525168 512-byte hdwr sect
ors (1000205 MB)
Jan 5 11:57:07 localhost kernel: sdd: assuming drive cache: write through
Jan 5 11:57:07 localhost kernel: sdd: sdd1

scsiとして認識されるので、デバイス名を確認して

mount -t vfat /dev/sdd1 ~/usb-driver

umount ~/usb-driver

以上。

追記
現在のデバイスのマウント状態を確認するには…

mount

でOK。別に/etc/mtabを見なくてもいい。
タグ:Linux
posted by kuma at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

Excel2007以前のバージョンで、セルの色でデータをソートする方法

これよく忘れるのでメモ。

http://www.geocities.jp/chiquilin_site/data/070918_coloring_cells2.html

ここを参考。

1:色のついた列をコピー→開いている列にペースト
2:ペーストした列に対して置換。置換は書式を指定してソート対象の色を指定。置換文字は数字でよい。
3:置換した列をキーにしてソート。
4:あら不思議、色でソートしたっぽい。

効能:Excel好きのヒトから回ってくるデータとかをやっつけるのに役立つ。
タグ:EXCEL
posted by kuma at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

ほっこり

最近ちまたでよく使われている
「ほっこり」
これは意味合いとして、「じんわりと癒される」というようなニュアンスで使われている。
が、これはもともと京都の方便で
「疲れた」
という意味。

「あなたの顔を見るとほっこりします」
posted by kuma at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

Emacsでcperl

Emacsでcperl設定

.emacsに
(add-hook 'cperl-mode-hook
'(lambda ()
(font-lock-mode 1)
))

を書き加え。
posted by kuma at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

ファイルハンドルを変数で扱う

複数のファイルを扱うとき、ファイルハンドルを配列やハッシュに入れて使いたい場合がある。
その場合は型グロブ表記法(ファイルハンドルの頭にに*をつけたもの)なるものを使えばよい。
例えば

@A=(*F1,*F2);
@B=('1','2");
foreach $b(@B){
open($A[$b],">$b.txt") or die $!;
print {$A[$b]} "$b\n";
close($A[$b]);
}

これでファイル名"1.txt"と"2.txt"、中にそれぞれ"1","2"が書かれたファイルが作成される。
タグ:Perl
posted by kuma at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。